キャッシングを上手に利用する

キャッシングは気軽にお金を借りられるという利点があります。銀行で融資を受けたい場合、保証人や担保などわずらわしい手続きが必要でしたが、キャッシングの場合には保証人の必要はなくまた、担保設定もしなくてもいいのです。

 

数日で返済ができるというような場合なら、銀行預金をATMで引出すときの手数料よりキャッシングの金利の方が安いということもあります。
必ず数日で返済することができるならキャッシングで、返済に長期間かかるような借入なら銀行で、というように使い分けるのもいいかもしれません。

 

審査もいたって簡単になっているので、いったんカードを作ってしまえば限度額までは、ATMなどから何度でも借り入れができます。コンビニなら24時間営業しているので、いつでも利用できます。

短期の借入なら銀行よりお得?

短期借入というのは、3ヶ月、6ヶ月など1年以内に完済する借入金のことを言います。すぐに現金を手にすることができますが、その分金利が高くなります。

 

ところが、最近は無利息期間を設定している金融業者が増えてきているので、上手に利用すればとても便利だと思います。給料日までの短い期間にお金が必要になったなどの際には、無利息期間のある金融業者を利用しましょう。

 

ただし、無利息期間については殆どの会社が初回利用者だけの特典となっています、2回目からはこの特典がない場合がありますので、注意しましょう。最近は残高ゼロからの利用なら何度でも無利息期間が適用される金融会社もありますから、よく確認してください。ただ、この場合であっても無利息期間内に全額返済できないと次回からはこの特典が適用されなくなりますから注意が必要です。

キャッシングの方法

今は銀行でもキャッシングが可能で、銀行系のカードを作っておけば必要になったときにはすぐ借りることはできます。ただ、銀行系のカードローンは消費者金融より審査が厳しいと言われます。

 

銀行系のキャッシングは、審査が厳しく融資を受けるためのハードルを高くしているため、審査が通れば金利は消費者金融より低い金利でかりることができます。

 

金利の設定は「○%〜○%」のような幅で表示されています。これは理容限度額に応じて金利が異なるためです。
利用限度額が小さい場合は最大利率に近い金利となり、利用限度額が大きい人には最小利率に近い金利が適応されるのです。

 

利用限度額が大きいほど、その人は信用されていると理解することができます。

返済できる金額を借りる

即日融資はその特徴をきちんと理解していれば、非常に便利で頼りになります。
金利は高いけれど、すぐ現金を手にすることができるので、当座の窮地から脱出できます。しかし返済が滞ると金利が膨らんで、いつまでたっても元金の返済ができないということにもなりかねません。

 

これでは何のために即日融資を受けたのか分からなくなります。
キャッシングは借りたら、少しでも早く返済する。そしてできたら、返済額は少しでも多くすることが鉄則です。

 

即日融資は、すぐに借りることができる代わりに、すぐに返済するというのが基本的な利用方法だということです。
即日融資は金利が高いので、必要な金額以上は借りない、借りたら出来る限り早く返済する、というのが鉄則です。

闇金にお金を借りすぎて困ってる・・・という方はこちらを参考にどうぞ>> 【闇金相談ガイド】ヤミ金の取り立て対策・解決方法をお探しの方へ

更新履歴